PR

BANKIT(バンキット)で現金化はできる?現金化の方法、大事なポイントを解説!

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用した商品・サービスも紹介しています※

 

BANKIT(バンキット)は、お金のチャージだけでなくBANKIT(バンキット)間でのお金のやり取り、チャージの現金引きなど、多様な機能が搭載されたプリペイドカード・アプリです。

BANKIT(バンキット)はチャージ式プリペイドカードなので、クレジットカード・後払いアプリのように現金化はできないと思っている人もいるでしょう。しかし実はBANKIT(バンキット)を利用しての現金化は可能なのです。

今回は、BANKIT(バンキット)を使っての現金化の方法、注意点などについて、詳しく解説していきます。記事の最後には現金化専門業者ペイチェンの紹介もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

BANKIT(バンキット)の特徴

BANKIT(バンキット)の概要を以下の表にまとめてみました。

商品名BANKIT(バンキット)
運営会社株式会社アプラス
入会費・年会費無料
年齢制限満13歳から(一部の機能は18歳未満だと使用不可)
審査不要(電話番号・メールアドレスの登録のみ)
公式サイトhttps://www.bankit.jp/service/

BANKIT(バンキット)は、アプリ型のVisaプリペイドカード​​なので、クレジットカードを持っていなくてもクレジットカードと同様の扱いになります。

支払いをしたいサービスがクレカ払いしか受け付けていない、しかしクレカを所有していなくて困った、という経験をした人もいるでしょう。

このような場合BANKIT(バンキット)を持っていれば、クレカの代用としてクレカ払いを済ませることができます。それでいて、BANKIT(バンキット)はクレカのような時間のかかる審査は不要なので、すぐに入手可能です。

そして、BANKIT(バンキット)は以下のような特徴があります。

  • BANKIT(バンキット)所有者同士でチャージ額を送り合える
  • チャージした金額を現金として引き出せる
  • 利用明細をアプリで確認できる

ただし、一部の機能は、身分証明証の提示が必要です。今後も便利な機能が追加される予定なので、所有していれば、各種支払いや管理などをスムーズに行なえるでしょう。

BANKIT(バンキット)を現金化するには?

BANKIT(バンキット)を現金化するにはどのような手段があるのか、次より説明しましょう。

「おたすけチャージ」の利用で現金化が可能

プリペイドカード・アプリであるBANKIT(バンキット)は、チャージ以外の機能である後払い機能「おたすけチャージ」があります。おたすけチャージの種類は以下のように2タイプです。

おたすけチャージ

3,000円・6,000円を後払い方式でチャージできる機能が、おたすけチャージです。お金が手元になくても、数千円の使用が可能で、使用したチャージ金額は翌月末までに支払いを済ませなくてはいけません。

チャージする際は審査があり、審査を通過すれば希望した金額がチャージされます。

おたすけチャージ+

おたすけチャージより高額のチャージが可能になるのが、おたすけチャージ+です。おたすけチャージはチャージするたびに審査がありますが、おたすけチャージ+は、利用する前に審査があり、その審査結果により上限額が決まります。

おたすけチャージ+は、キャッシング・ショッピングの2種類があり、さらにショッピングは分割払い・月末締め翌月末払いの2通りがある仕組みです。

おたすけチャージ+の初回上限額および利率は以下の通りになっています。

キャッシング:10万円(利率18.00%)
ショッピング:50万円(利率10.76~13.27%、月末払いは利率なし​​)

このように、利用前の審査さえ通過できれば、高額チャージの後払いが可能になります。

おたすけチャージで得たチャージ金額を現金化

BANKIT(バンキット)利用による現金化は、おたすけチャージで得たチャージ金額を使って行ないます。現金化の手段は以下の通りです。

専門業者に依頼する

現金化を最もスムーズに行なうのが、専門業者へお願いすることです。専門業者であれば依頼するだけで、あとはすべて業者が現金化を代行してくれるので手間がかかりません。

また、迅速な現金入手を希望する場合は、最短で申し込みをしてから数十分で現金の振り込みが完了するので、各種支払いなどで早急な現金入手が必要な人でも安心です。

自分で現金化する

おたすけチャージでチャージできたお金を使って商品を購入して、その商品を売却するという流れの現金化もあります。

ただし、以下のような事態が起きる可能性もないとはいえません。

  • 予想以上の売却金額にならない
  • 個人間で売買をするとトラブルになる可能性がある
  • オークションなどは必ず売れるとは限らない
  • 現金化に時間がかかる

売却などに慣れている、現金化を急いでいないという人であれば問題ありませんが、現金化の初心者がやるとリスクも決して少なくないといえます。

現金化の初心者の場合は、専門業者にお願いするのが最善といえるでしょう。

BANKIT(バンキット)現金化の手順

BANKIT(バンキット)を使っての現金化は、以下の手順で行ないます。

1.あと払いチャージ機能の登録(おたすけチャージ・おたすけチャージ+)
2.専門業者に依頼して現金化

では、それぞれの手順について説明しましょう。

1.チャージ機能の登録

BANKIT(バンキット)の後払いチャージ機能は2種類あります。登録方法はそれぞれ以下の手順で行ないます。

おたすけチャージ

「おたすけチャージ」の登録手順は、以下の通りです。

1.アプリ画面の「チャージ」アイコン→チャージメニューの「おたすけチャージ」アイコンの順でタップ

2.おたすけチャージ画面にならぶチャージ金額から希望金額を選択→「チャージする」アイコンをタップ

3.「おたすけチャージ精算日」から希望日を選択→「決定する」アイコンをタップ

おたすけチャージ+

通常のおたすけチャージより高額のチャージが可能なおたすけチャージ+は、以下の手順で登録します。

1.おたすけチャージ+の申し込み(メイン画面下部の「おたすけ+」をタップ→「申し込む」をタップ)

2.ショッピング・キャッシングのどちらかを選択して申し込む

ショッピング・キャッシングの申し込み手順は以下の通りです。

ショッピング

1.メイン画面の「チャージ」か「おたすけ+」→「おたすけチャージ+(ショッピング)」の順でタップ

2.注意事項に同意して「利用する」アイコンをタップ

3.ご利用金額の入力→支払回数の選択(分割払い希望の場合は回数を入力)

4.申し込み内容を確認して間違いがなければ「チャージする」をタップ

キャッシング

1.メイン画面の「チャージ」か「おたすけ+」→「おたすけチャージ+(キャッシング)」の順でタップ

2.注意事項に同意して「利用する」アイコンをタップ

3利用金額・支払方法を選択して「確認画面で進む」をタップ

4申込み内容を確認して「上記の内容でキャッシングする」アイコンをタップ

以上の手順で後払いチャージが完了して、指定した金額がチャージされます。

2.専門業者に依頼して現金化

チャージが完了したら、現金化が可能になります。現金化の方法は先述した通りいくつかの方法がありますが、専門業者にお願いするのがいいでしょう。専門業者であれば高い換金率でなおかつ迅速な現金化が実現します。

BANKIT(バンキット)の後払い機能は2種類ありますが、おたすけチャージを選んだ場合、チャージできる金額はわずか3,000円です。

3,000円を現金化すると高い換金率であっても2,000円と数百円にしかならないので、高い現金化を希望する場合は、おたすけチャージ+の選択がおすすめです。

BANKIT(バンキット)現金化の大事なポイント・注意点

BANKIT(バンキット)を使った現金化において注意すべきポイントとは何なのでしょうか。スムーズに現金化をするために、事前に注意点を把握しておくことが大事です。

では、BANKIT(バンキット)現金化における注意点を、以下より紹介しましょう。

現金化まで時間がかかる

BANKIT(バンキット)を使って現金化をしようと考えている人の中には、「BANKIT(バンキット)をインストールしてすぐに後払いチャージが使える」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、BANKIT(バンキット)の後払い機能・おたすけチャージ・おたすけチャージ+は、すぐに使うことはできません。BANKIT(バンキット)の後払い機能は、本人確認および審査通過がないと利用できない仕組みです。

BANKIT(バンキット)は入金や決済の記録がない未使用の状態では後払い機能は使えないため、インストールしてすぐに後払い利用はできません。

また、おたすけチャージ+の場合は、通常のおたすけチャージに比べて利用可能金額が10〜50万円と高額のため審査も厳重になり、審査時間に1〜3日ほどかかります。

この審査を通過しないとショッピング・キャッシングともに利用できません。早急な現金化を希望する人は、それが実現しないので注意が必要です。

おたすけチャージ+は使い過ぎる危険性がある

BANKIT(バンキット)のおたすけチャージ+の魅力は10〜50万円もの高額の後払いチャージが可能な点です。他の後払い機能のあるプリペイドカード・後払いアプリと比べた場合、これだけの高額後払いチャージ金額はないでしょう。

しかし、その魅力的な点がデメリットになる危険性もあります。BANKIT(バンキット)のおたすけチャージ+は月末締め翌月払いのため、チャージを利用してから返済までの猶予は最大2ヶ月間です。

これだけの余裕があると「後でまとめて返済すればいいだろう」と必要以上にチャージを使ってしまい、その結果、後になって返済が大変になる危険性もあります。

自分の経済力に対してどれだけのチャージ利用が可能であるか、という冷静な判断ができる人であれば問題ありません。しかし、計画性のない人の場合、BANKIT(バンキット)のおたすけチャージ+は危険な機能といえるでしょう。

BANKIT(バンキット)の現金化は「ペイチェン」への依頼がおすすめ!

BANKIT(バンキット)を利用しての現金化を検討している人・初めて現金化で不安な人は、ペイチェンへの依頼をおすすめします。

ペイチェンは、後払いアプリ・クレジットカードの現金化を専門とした業者で、BANKIT(バンキット)のようなプリペイドカードの現金化も対応可能です。

BANKIT(バンキット)の場合、おたすけチャージ・おたすけチャージ+で後払いチャージ金額がある状態であれば、最短10分でチャージした金額が現金化されます。

申し込みもスマホなどネット環境が手元にあれば、24時間365日いつでも申し込み可能です。

初回のみ身分証明証の提示はありますが、あとは必要事項の入力だけなので、簡単に手続きが完了します。

業界でもトップクラスの換金率なので、予想以上の現金が入手できるでしょう。

ペイチェンの特徴は以下の通りです。

・365日年中無休
9:00〜22:00まで営業、ネット環境さえ手元にあればどこでも申し込み可能です。申し込みだけなら、24時間対応できます。

・申し込みから入金まで最短10分
最短10分ほどで指定した口座に入金されます。早急に現金が必要な人でも安心です。

・初回換金率最大90%
2回目の利用でも87〜88%と高い換金率を誇っています。

・上限金額は300,000円
高額の現金化にも対応できるので、数万ではなく数十万のまとまった現金が必要な人でも安心です。

・個人情報は厳重管理
個人情報の漏えいを心配している人も、安心して利用できます。

初めての人でもスムーズに手続きが完了するので、現金化をしようか迷っている方は、ペイチェンにご相談してみてはいかがでしょうか。

ペイチェン公式サイト

ペイチェンのご利用はこちら

まとめ

BANKIT(バンキット)は、チャージ式プリペイドカードなので、現金化の対象外だと思われていますが、実は後払い機能「おたすけチャージ」「おたすけチャージ+」という機能があります。

この機能さえ使えば現金化が可能です。事前にBANKIT(バンキット)の後払い機能の登録・チャージ方法を把握して、スムーズな現金化を目指しましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました