PR

【2023年最新版】携帯キャリア決済を現金化する方法は?リスクと対策・優良業者まで徹底解説

後払いアプリ現金化

携帯電話を初めとするモバイル端末の普及率は97.3%を占め、その中でもスマートフォンの普及率は88%にものぼります。(※)こうした携帯電話の普及に伴い、クレジットカードや後払いアプリだけでなく、近年は携帯キャリア決済を使った現金化も人気です。

本記事では、携帯キャリア決済の現金化方法について詳しく説明します。現金化に伴うリスクや対策、おすすめの優良業者なども紹介するので、キャリア決済の現金化に興味がある人は参考にしてみてください。

※本記事は2023年12年15日時点の情報です。

(※)参考:総務省.「情報通信分野の現状と課題」

携帯キャリア決済の現金化とは

キャリア決済は携帯が手元にあれば手軽に始められるため、金策の方法として携帯キャリア決済を使った現金化に興味がある人も多いのではないでしょうか。ここでは、携帯キャリア決済の現金化の基本的な仕組みについて説明します。

携帯料金・通信料金との合算支払いの利用枠を現金化すること

現金化とはクレジットカードや後払いアプリなどの利用枠を、現金に変える方法です。ショッピング枠で購入した商品を売ったりキャッシュバックを受けたりして現金を作るため、借金や借入とは異なります。

携帯キャリア決済は、商品代金を各キャリアの携帯電話料金や通信料金とまとめて支払える決済方法です。キャリア決済は携帯があれば買い物ができるため、現金が足りなくても手軽に買い物できる手段として人気があります。また、携帯キャリア決済は現金がなくて困ったときに現金化にも使えます。

携帯キャリア決済の現金化の仕組みは、クレジットカードや後払いアプリなどと同様です。基本的にはキャリア決済の利用上限額内で商品を購入し、その商品を売却して現金を得ます。

現金化の方法は大きく二つ

携帯キャリア決済を利用して現金化する方法は、大きく二つに分けられます。自分で商品を購入して売却する方法と現金化業者を利用する方法です。

自分で商品を購入して売却する場合は、各キャリア決済で換金性の高い商品を購入し、買取店やネットオークションなどで売ります。他には電子ギフト券を購入してオンラインの買取業者を利用する方法がありますが、携帯キャリア決済では電子ギフト券を購入できない通販サイトが多いため注意しましょう。

自分で商品の購入から売却まで行うとなると、購入先や購入する商品、売却先の選定など、効率よく現金化できるように全て自分で実行しなければなりません。

現金化業者を利用する場合は、携帯キャリア決済対応のプリペイドカード・身分証明書・入金用の銀行口座を用意して、携帯キャリア決済の現金化に対応している現金化業者に申し込めばワンストップで済みます。ただ、現金化業者への手数料が発生することに注意が必要です。

現金化に使える携帯キャリア決済には何がある?

一部の格安SIMにもキャリア決済はありますが、実質的に現金化できるのは、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアのみです。例えば、格安SIMの楽天モバイルやmineoのキャリア決済は、Google Playでしか利用できません。

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済サービスを使っている人は、後払いの決済方法や利用条件を確認しておきましょう。

d払い(電話料金合算払い)

d払いはNTTドコモが提供する決済サービスです。購入した商品やサービスなどの請求代金を「電話料金合算払い」「d払い残高」「dカード」「dカード以外のクレジットカード」のいずれかの支払い方法と、保有するdポイントを組み合わせて支払えます。

現金化に使えるキャリア決済は、「電話料金合算払い」です。購入した商品やサービスの代金を、翌月の携帯電話料金の支払いと合算できます。他の支払い方法は事前にチャージしなければ使えませんが、電話料金合算払いならそのとき現金がなくても商品を購入して、現金に換えることが可能です。

電話料金合算払いは、ドコモの携帯電話サービスを契約している人のみ利用できます。合算できる上限額は利用者の状況によって変わる場合もあるため、現金化に使うときはあらかじめチェックしておきましょう。

d払いについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
「d払いは現金化できる? 出金方法や注意点、おすすめの業者を解説」

auかんたん決済(通信料金合算支払い)

auかんたん決済はauやUQ mobile、povoを契約している人が利用できる決済サービスです。auかんたん決済の支払い方法は、通信料金合算払い・au PAY カード支払い・au PAY 残高支払い・WebMoney支払い・クレジットカード支払いの5種類です。現金化に使うときは、通信料金合算払いを選びましょう。

通信料金合算払いを利用する場合は、年齢によって利用上限が設定されます。20歳以上は最大10万円までの利用が可能です。ただし、上限金額は支払い状況やサービスの契約・利用状況などに応じて変動することがあります。

auかんたん決済について詳しく知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
「auかんたん決済の現金化は可能? 具体的な方法と現金化に使える優良業者6選を紹介」

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払いは、商品やデジタルコンテンツ、アプリケーションなどの購入代金を月々の携帯電話料金と合算できる決済サービスです。ソフトバンクユーザーに加えて、LINEMOの利用者もソフトバンクまとめて支払いを利用できます。

ソフトバンクまとめて支払いの1カ月の利用可能額は、満12歳未満は最大2,000円、満20歳未満は最大2万円、満20歳以上は最大10万円の範囲内で契約内容や利用状況などによって設定されます。

利用可能額は予告なく増減する場合があるため、ソフトバンクまとめて支払いを現金化したい場合は、事前に利用可能額を確認しましょう。

ソフトバンクまとめて支払いについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
「ソフトバンク(SoftBank)まとめて支払いの現金化はどうする? 注意点や優良業者も紹介」

携帯キャリア決済を現金化できないケース

携帯キャリア決済の現金化をするとき、キャリア決済自体は使えても現金化できない場合があります。どのようなケースがあるのか具体的な例を紹介するので、キャリア決済を利用した現金化を検討している人はしっかり理解しておきましょう。

キャリア決済の利用可能枠が足りない

キャリア決済を現金化できるのは、各キャリアの利用可能上限額までです。現金化は自分で商品を買って売る場合も現金化業者を使う場合も、キャリア決済でプリペイドカードにチャージしてから現金化します。そのため、利用可能枠が残っていなければチャージができず現金化もできません。

利用可能上限額はキャリアや利用者個人の契約内容・状況によって異なります。通信会社の判断で予告なしに増減することもあるため、小まめなチェックが必要です。

現金化業者がキャリア決済に対応していない

携帯キャリア決済の現金化は、近年クレジットカードの現金化に代わって注目を集める金策方法です。とはいえ、携帯キャリア決済の現金化に対応している現金化業者はまだそこまで多くありません。

キャリア決済の現金化に対応している現金化業者は、クレジットカードにも対応している場合がほとんどです。一方、クレジットカードの現金化に対応していても、キャリア決済には未対応の業者はよくあります。

携帯キャリア決済の現金化に対応していない現金化業者だと、申し込みの時点ではじかれてしまいます。金策を急いでいるときには時間の無駄になってしまうため、利用したい現金化業者を見つけたら、まず携帯キャリア決済に対応しているか否かを確認しましょう。

覚えておきたい携帯キャリア決済のリスク

携帯キャリア決済はクレジットカードがなくても現金化できる手段として便利ですが、実際に現金化する際にはさまざまなリスクが伴います。トラブルを回避するためにも、リスクを事前に把握しておきましょう。

現金化したい人に覚えておいてほしい、携帯キャリア決済のリスクと対策についてまとめました。できるだけトラブルを避けて現金化するためにも、参考にしてください。

キャリアにバレるとペナルティを受けてしまう

携帯キャリア決済サービスの本来の目的は、商品やサービスの購入です。そのため、各キャリアはキャリア決済を利用して現金化する行為を規約で禁止しています。

万が一キャリアに現金化行為を知られた場合には、キャリア決済の利用停止や携帯電話の強制解約など、ペナルティを受ける可能性もあるため注意しましょう。

ただ、携帯電話会社から現金化行為を疑う連絡を受けたとしても、否定すれば深く追求されるケースはまれです。とはいえ絶対にバレないとは言い切れません。

トラブルを避けたいなら、実績のある現金化業者の利用をおすすめします。自分で高価な商品を購入して売るよりも、携帯電話会社に知られるリスクを抑えて効率よく現金化できます。

複数回線の現金化で返済が苦しくなる

キャリア決済を利用して現金化した場合、当然ながらそのお金は翌月以降に支払わなければなりません。1回線分のキャリア決済枠から一部を現金化するなら、利用可能上限額もあるため、使いすぎて支払いが厳しくなることは少ないでしょう。

しかし、それでは足りないと複数回線を利用してキャリア決済の現金化をしてしまう人もいます。各回線に利用可能上限額があるとはいえ、複数回線の現金化が重なり、支払う額が大きくなってしまうと翌月以降の返済が苦しくなります。

現金化した金額は翌月以降に支払うものということを忘れず、現金化するのは普段からキャリア決済を利用している1回線のみに絞るのが無難でしょう。無理なく支払える範囲で現金化することを心がけてください。

トラブルにつながる業者もまれにある

一口に現金化業者といっても、その数は多く業者の質もさまざまです。現金化業者の中には詐欺や個人情報の漏えいなどのトラブルを引き起こす業者もまれに混じっているため、ホームページや口コミ・評判などをしっかり調べてから取引する業者を選びましょう。

トラブルにつながる例として、現金を振り込まずにホームページごと消えてしまう業者や最初の話では高い換金率を伝えておきながら、実際は著しく低い換金率で振り込む業者などが挙げられます。

現金化に必要ない情報を聞かれる、質問してもきちんとした返答が得られないなど、少しでも違和感があったら、その現金化業者は選ばないようにしてください。

携帯キャリア決済対応の現金化業者を利用する流れ

初めて現金化業者を利用してキャリア決済の現金化を行う場合、手続きに必要なのは以下のものです。

  • 利用するキャリア決済サービスのプリペイドカード
  • 身分証明書
  • 入金先となる金融口座の口座番号

プリペイドカードには、アプリのバーチャルカードも含みます。プリペイドカードが用意できたら、現金化したい金額分をキャリア決済でチャージしておきましょう。

チャージが済んだら、携帯キャリア決済対応の現金化業者に申し込みます。現金化業者のほとんどがWebフォームでの申し込みが可能で、申し込みだけなら24時間いつでも可能です。

申し込みが済むと現金化業者から連絡が来て、初回は本人確認やサービス内容の説明が行われます。ここで疑問に思っていることがあれば質問しておきましょう。

続いて案内に従って指定された商品を選び、プリペイドカードの残高で購入・決済します。購入した商品は現金化業者がそのまま買い取り、買取金額から手数料などが引かれた金額が指定の金融口座に入金される流れです。中には買取ではなく、購入特典として現金を振り込む業者もあります。

携帯キャリア決済対応の優良業者を選ぶポイント

携帯キャリア決済の現金化でトラブルを避けるには、無理のない範囲で計画的に利用することが大切です。また、それと同じくらいに業者選びも重要になってきます。業者を選ぶときは、以下の2点に注目しましょう。

  • 手数料の記載
  • 申し込み後の対応

現金化業者を利用する場合、現金化の手数料が取られます。手数料の料金設定は業者によって異なり、取られる手数料の種類もさまざまです。最終的に入金されるのは手数料を引かれた金額になるため、手数料が安いか高いかで振り込まれる金額が大きく変わります。

現金化業者の中には、ホームページで95%以上の高換金率を売りに集客しているものの、手数料を明記せず実際に振り込まれる金額は低かったという業者もあります。ホームページで現金化にかかる手数料をきちんと伝えている業者なら、換金率と入金された金額の差がないため納得のいく取引ができるでしょう。

また、現金化業者の大半は申し込んでから決済する前までならキャンセルできます。申し込み後の対応に不安を感じたときは、取引を中止するのがおすすめです。分からないことを質問したときに対応が良くて内容に納得できるのであれば、優良業者と判断できるでしょう。

携帯キャリア決済に対応している優良業者6選

現金化業者の中でも携帯キャリア決済に対応している業者はまだまだ少ないため、利用できる業者は限られてきます。そこから優良とされる現金化業者を探すのは、現金化に詳しくない人には難しいかもしれません。

どの業者を選んでよいのか分からない人のために、ここでは携帯キャリア決済に対応しているおすすめの優良業者を6社紹介します。いずれもdocomo、au、ソフトバンクの3大キャリアに対応している業者です。

1.即日アリアちゃん

サイトURLhttps://sokujitsu.aria-inc.co.jp/
換金率初回換金率90%
2回目以降87%
※入金額は振込手数料の205円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間7:00~22:00(毎月1日は24時間営業)
土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント古物商番号の記載がある
さまざまな現金化に対応している

即日アリアちゃんの公式サイトには、最低保証の換金率がしっかり明記されています。初回の換金率90%・2回目以降も87%と高く、公式ホームページに最低保証されることが明記してあるため、実際の換金率が提示された金額より低くなる心配がありません。

公式サイトには振り込まれる金額のシミュレーションが用意されており、申し込む前に現金として得られる具体的な金額を把握できます。

また、即日アリアちゃんは携帯キャリア決済の他にもクレジットカードや後払いアプリの現金化に対応しています。公式サイトには買取業者に必要な古物商番号やプライバシーポリシーもしっかり記載されているので、安心感や信頼性を重視する人に適しています。

即日アリアちゃんはスピード対応を望める業者ですが、初回申し込みは個人情報の入力と簡単な本人確認があるため、1時間程度かかります。2回目からは最短10分程度での入金も可能です。

申し込みは原則オンラインなので隙間時間にも利用しやすく、営業時間が長いため即日振り込んでもらいやすいのもポイントです。

即日アリアちゃんの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
【換金率の最低保証あり!】即日アリアちゃんの口コミ・評判は?安全性が高い理由やサービスの注目ポイント、利用時のQ&Aを徹底紹介

2.バンクレジット

サイトURLhttps://bancredit.biz
換金率初回換金率90%
2回目以降87~88%
※入金額は振込手数料の200円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間9:00~22:00
年末年始を除く土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント換金率と手数料を明示している
営業時間が長い

バンクレジットのおすすめポイントは、公式サイトに初回と2回目以降の換金率・手数料がしっかり記載されており、現金化できる金額をある程度把握できるところです。

ただし、換金率が最低保証の値か最大換金率かまでは明記されていないため、記載されている換金率は目安とし、申し込みの際に入金される金額をしっかり聞いておきましょう。

また、バンクレジットの営業時間は比較的長く、毎月1日は24時間営業しています。夜遅くまで営業しているため、忙しい人や日中に時間が作りづらい人にも利用しやすい業者です。

申し込み方法は簡単で、基本的には申し込みから入金までは最短10分で完了します。初回申し込みには身分証明書と自分の顔が一緒に収まるように自撮りした「IDセルフィー」が必要になるため、多少時間がかかります。

バンクレジットの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
バンクレジットは即日振込に対応!複数決済に対応できる魅力、口コミを紹介!

3.ペイチェン

サイトURLhttps://paychan.net/
換金率初回換金率90%
2回目以降87~88%
※入金額は振込手数料の200円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間9:00~22:00(毎月1日は24時間営業)
年末年始を除く土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント換金率と手数料を明示している
営業時間が長い

ペイチェンの換金率は初回が90%、2回目以降で87〜88%と高く設定されています。さらに2回目からの換金率が大きく下がらないため、リピーターが利用しやすい業者となっています。差し引かれる手数料が200円と少額で、公式サイトに明示されているのも大きなポイントです。

ペイチェンを初めて利用する場合、個人情報や本人確認書類の提出などが必要になるため、1時間程度かかることがあります。2回目以降はマイページから申し込めるので、時間を大きく短縮できるでしょう。ただし、繁忙期や月初・月末などは、通常よりも多少時間がかかります。

ペイチェンは24時間申し込めて営業時間も長く、急に現金が必要になったときに利用しやすい業者です。基本的には申し込みから入金まで最短10分という素早さで、即日の振り込みを期待できます。

ペイチェンの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
ペイチェンはクレジットカード・後払いアプリ・キャリア決済全てに対応可能!利用方法も解説

4.スポットキャッシュ

サイトURLhttps://spot-cash.net/
換金率最大87%
入金時間最短10分
営業時間8:00〜20:00
土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント状況に合わせて3プランから選べる
対応している後払いアプリが多い

スポットキャッシュの強みとして、プランを選べることや最大90%と高い換金率を提示していることが挙げられます。少額の申し込みであっても比較的高めの換金率が設定されているため、現金が少し足りないときにも使いやすいでしょう。

スポットキャッシュには、利用者のニーズに合わせた3プランが用意されています。申し込みの際に業者スタッフが利用者に合ったプランをすすめてくれるため、具体的に自身の状況や希望を説明しましょう。

申し込みは、公式サイトのWebフォームから365日24時間いつでも行えます。本人確認が必要な初回を除き、2回目以降は最短10分での入金も可能です。また、公式サイトに「お客様とのトラブル0件」との記載があり、トラブルのリスクを重視する人におすすめできます。

スポットキャッシュの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
8種類の後払いアプリ対応のスポットキャッシュは本当に優良業者?基本情報から口コミ・評判、サービスの特長まで徹底解説

5.ギフトキャッシュ

サイトURLhttps://crecamoney.com/
換金率最大98%
入金時間最短10分
営業時間9:00〜23:00
年中無休
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイントトラブル0件と公式サイトに記載
利用者数が多い

ギフトキャッシュは高い換金率はもちろん、豊富な利用実績を誇り、サポート体制に期待できる現金化業者です。公式サイトにトラブル0件との記載もあるので、誠実な対応が望めるでしょう。

Web申し込みなら営業時間が終わった23:00以降でもできますが、初回は電話連絡が必須になります。電話を受けられる時間帯が決まっている場合は、申し込みフォームの備考に記載しておくとスムーズです。

申し込み金額とプランによって換金率は異なりますが、ギフトキャッシュの換金率は最大98%と高く設定されています。また「他社より1%でも高く還元します」と公式サイトに書かれており、他の業者では納得できなかったときの選択肢としても期待できます。

ギフトキャッシュの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
ギフトキャッシュの口コミ・評判は?サービスの3つの特長や申し込みの流れを解説

まとめ

携帯キャリア決済を現金化するときは、docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアのキャリア決済サービスが選択肢となります。キャリア決済を使った金策を考えているなら、まず各キャリアの公式情報から、利用上限額やチャージ手数料などを確認してみてください。

自分で現金化するのが難しい、トラブルを避けて現金化したいという人は、手数料はかかりますが現金化業者を利用しましょう。

ただし、携帯キャリア決済の現金化に対応している業者は多くないため、申し込む前に対応しているか確認が必要です。また、トラブルにつながるような質の悪い業者に注意しましょう。

今回紹介した優良業者であれば、利用した人の評価も高くリピーターも多くいます。どの現金化業者もWebから手軽に申し込めて入金までならキャンセルも可能なので、申し込んでスタッフに話を聞いてから決めるのもよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました