PR

本人確認不要のクレジットカード現金化業者はある?初めてでも使いやすい優良業者を紹介

クレジットカードの現金化で業者を利用する際、ほとんどの場合に本人確認が求められます。しかし、よく知らない業者に個人情報を教えて大丈夫なのか、トラブルに巻き込まれる可能性はないのかと不安に感じることもあるでしょう。

本記事では、クレジットカードの現金化で本人確認が必要な理由や本人確認が不要なケース、初めてでも利用しやすい現金化優良業者を紹介します。クレジットカードの現金化を検討している人は、信頼できる業者と取引する際の参考にしてください。

※本記事は2023年9月24日時点の情報です。

クレジットカードの現金化に本人確認は必要?

クレジットカードの現金化で業者を利用する際は、本人確認が必要になる場合がほとんどです。ただし、2回目以降の利用なら不要となる場合もあります。まずは、現金化業者を利用する際に本人確認が必要な理由を見ていきましょう。クレジットカードの現金化で本人確認が不要なケースも紹介します。

優良業者を使う場合は必要

クレジットカードを現金化する方法には、次の二つが挙げられます。

  • 現金化業者を利用する
  • 自分で商品を購入して買取店に持ち込む

現金化業者を利用してクレジットカードを現金化する際、優良業者と呼べる業者のほぼ全てで本人確認が必要になります。本人確認書類や必要な情報の提出に加え、業者と利用者本人で電話確認をするケースが大半です。

本人確認は個人情報を教える不安の他に、書類を用意したり電話に出たりするのが面倒で避けたい人も多いかもしれません。しかし、初めて利用するときは本人確認ができないと取引が進められないため、手間に感じても準備をしましょう。

なお、自分で購入した商品を買取店に持ち込む場合も本人確認が必要になります。

2回目以降は不要な場合も

現金化業者を利用する際の本人確認は、初回のみの場合がほとんどです。2回目以降の本人確認が不要な理由としては、初回利用時に確認した情報が登録され、手続きを省略できるためと考えられます。

できるだけ本人確認を省きたい場合は、2回目以降の本人確認が不要な業者をリピート利用するのも一つの方法です。ただし、2回目以降は現金化の換金率が若干下がる場合もあるため、業者の公式ホームページの換金率を確認した上で検討しましょう。

「立て替え」で現金化する場合は不要

自分以外の家族・友人の買い物や飲食店での支払いを立て替えてクレジットカード決済し、後から現金で回収するのも現金化の方法です。

他の人の支払いをクレジットカードで立て替えて現金化する方法なら、本人確認は必要ありません。立て替えで現金化するケースでは、商品の売買が生じる現金化業者や買取店を利用するのと違い、顔の知れた相手との間で行う個人的なやり取りであるためです。

ただし、現金化したい金額だけ立て替える機会が運良く訪れないと難しいため、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。

本人確認不要な優良業者はない理由

クレジットカード現金化で業者の利用を検討していても、個人情報が悪用される不安から本人確認を避けたいと思う人もいるでしょう。しかし、本人確認が不要な業者はむしろ悪質な業者の可能性が高いため、おすすめできません。リスクを回避しつつ納得して現金化業者を利用するためにも、なぜ優良業者が必ずといってよいほど本人確認をするのか解説します。

「買取方式」では法律で本人確認が義務付けられているため

クレジットカードの現金化で本人確認が必要な理由の一つに、買取方式の現金化業者には法律で本人確認が義務付けられていることが挙げられます。

クレジットカード現金化業者が提供する現金化は、主に「買取方式」「キャッシュバック方式」の二つです。買取方式は利用者が購入した商品を現金化業者が買い取ってその代金を振り込むため、中古品(古物)の売買をする古物商に当たり「古物営業法」にのっとって営業する必要があります。

同法の第15条第1項では、以下のように本人確認を義務付けています。

“古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
一 相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。”

「古物の売買を行う際には本人確認を行う」と定められていて、本人確認なしで売買するのは違法です。上記1号「相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認する」の他、2〜3号では書面や一定の磁気的方式での確認も認められています。

キャッシュバック方式の場合は、利用者が購入した商品代金の一部が特典としてキャッシュバックされる仕組みのため、古物営業法は適用されません。本人確認が法律上義務付けられていないことから不要となるケースもあります。

※引用:e-Gov法令検索「古物営業法 第15条第1項

クレジットカードの不正利用・トラブルを防ぐため

第三者によるクレジットカードの不正利用やトラブルを防ぐ目的でも、本人確認は必要です。仮にカードの名義人でない他者がクレジットカードを現金化に利用した場合、現金化業者は不正利用に手を貸したことになってしまいます。第三者による悪質な利用を未然に防ぎ、現金化業者・利用者の双方がトラブルに巻き込まれないために本人確認は重要です。

そのためリスク管理を徹底している優良業者なら、買取業者に限らず本人確認を行っています。本人確認が法律で義務付けられていないキャッシュバック方式の場合でも、優良業者であればトラブル防止のために実施している場合が多いと考えましょう。

クレジットカード現金化業者の本人確認に必要な情報

クレジットカード現金化業者の本人確認に必要な情報

本人確認に必要な情報はある程度決まっているため、どのような個人情報を教えるのか理解しておきましょう。中には必要ない情報まで聞いてくる業者もまれにいますが、安易に教えるのは危険です。トラブルを避けるためにも、クレジットカード現金化に必要な情報と不要な情報を知っておきましょう。

住所や氏名など基本的な情報は必要

買取方式の現金化業者の場合は、以下の情報が必要です。

  • 住所
  • 氏名
  • 職業
  • 年齢
  • 顔写真付きの身分証
  • 振り込み先の口座番号

住所・氏名・職業・年齢の情報は、古物営業法で確認が義務付けられている項目です。この他、第三者のなりすましを防ぐために顔写真付きの身分証の提示も求められます。顔写真を送ることに不安を感じるかもしれませんが、本人以外の不正利用を防ぐ目的があるため、必須だと考えておきましょう。現金が口座に振り込まれる場合は、振り込み先の口座番号も必要です。

キャッシュバック方式で現金化するケースでも、ほとんどが本人確認のため顔写真付きの身分証を求められます。業者が代理決済するシステムの場合、クレジットカードの番号や有効期限・セキュリティコードが必要な場合もありますが、重要なカード情報のためリスクが伴うのも事実です。通信の暗号化をはじめ、厳重なセキュリティ対策を行っている業者を選びましょう。

不要な情報を聞いてくる業者は避けよう

クレジットカードの現金化業者には、本来現金化に不要な情報まで聞き出して悪用しようとする悪質業者もいます。例えば、次のような情報を聞いてくる場合は要注意です。

  • 職場の連絡先
  • 年収
  • 口座の暗証番号

このような情報を聞き出そうとする業者に出会ったら、教える前にすぐ取引を中止しましょう。クレジットカードの現金化は貸金や融資ではないため、職場の連絡先や年収による審査は不要です。

また、現金を振り込むのに口座番号は必要ですが、口座の暗証番号は必要ありません。不要な情報を教えてしまうと、個人情報が漏えいして不正利用される可能性があります。情報を求められたときは「現金化に必要か」を考え、安易に何でも教えないよう注意しましょう。

クレジットカード現金化業者で本人確認する手順

クレジットカード現金化業者が本人確認を行う手順は、業者によって小さな違いはあるものの、大まかな流れは共通しています。なお、顔写真付きの身分証の提示と同時に、電話で本人確認をする場合がほとんどです。本人確認の際には身分証の提示だけでなく、電話対応も必要なことを頭に入れておきましょう。

1.顔写真付きの身分証を用意する

本人確認がある現金化業者では、ほとんどのケースで顔写真付きの身分証の提示が求められます。あらかじめ、以下のような顔写真付きの身分証を用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

運転免許証やパスポート・マイナンバーカードは顔写真が付いているため、1点で本人確認書類としての使用が可能です。健康保険証の場合は顔写真がないため、1点のみでは本人確認と認められず、住民票や公共料金の領収書などの補助書類が必要になることがあります。

その他、顔写真付きの身分証と一緒に写った自分の顔写真を提出するよう求められるケースもあります。詳しくは利用する業者の公式情報を確認しましょう。

2.身分証や自分の顔を撮影して送る

クレジットカード現金化の本人確認書類で身分証を提示する場合、多くは画像での提出が求められます。買取業者への申し込みはインターネット上で完結するため、顔写真付きの身分証をスマートフォンやデジタルカメラで撮影し、公式ホームページのWebフォームへのアップロードかメール添付で業者に送るのが一般的です。

業者によっては、身分証と一緒に自分の顔を写した「IDセルフィー」を求められることもあります。IDセルフィーが必要な場合は、身分証の記載内容と自分の顔が画面内にしっかり収まるように撮影しましょう。

3.本人確認の電話を受ける

本人確認は、顔写真付き身分証やIDセルフィーの写真を送った後、業者からの電話による本人確認が済めば完了します。業者からの電話で申し込み内容の確認と一緒に本人確認をするため、電話に出られる環境で申し込みましょう。

電話確認の目的は、本当に本人が申し込んでいるかを確認するためです。優良業者のほとんどが電話での本人確認を必須としているため、忙しい・面倒といった理由で電話に出ないと手続きが進められません。口頭での確認が終わるまでは現金化ができないため、電話がかかってきたら対応しましょう。

初心者がクレジットカード現金化業者を選ぶときのポイント

初心者がクレジットカード現金化業者を選ぶときのポイント

クレジットカード現金化に本人確認が必要なことや手順が分かっても、どのような現金化業者を選べばよいのか判断するのは難しいでしょう。業者選びのポイントを押さえれば、悪質な業者を避けやすくなり、納得できるサービスを選べます。

クレジットカード現金化で後悔しないためにも、優良な現金化業者を選ぶポイントを覚えておきましょう。

換金率と手数料

クレジットカード現金化業者を選ぶ際にまず注目したいのは、換金率と手数料です。クレジットカードの現金化は、利用者が商品を購入した金額から業者の利益になる分を引いた額が振り込まれます。

商品の金額が100%現金化されるわけではないため、一定の損は避けられません。ただ業者の設定する「換金率」が高ければ高いほど損が少なく、多く現金化できます。なお、業者によっては換金率を還元率としている場合もありますが意味は同じです。

換金率は業者によって変わる他、現金化に利用するカードの種類・利用者の状況によっても変わることに注意が必要です。また現金化業者の中には、商品の申し込み額に換金率をかけた金額から、さらに振込手数料をはじめとした諸費用を引くところもあります。

できる限り損をせず現金化するためにも、事前に業者ごとの換金率や手数料を調べておくことが大切です。

対応の誠実さやサポート体制

クレジットカードの現金化業者を選ぶ際は、誠実な対応やサポートの充実度にも注目して判断しましょう。高い換金率で魅力を感じる業者でも、質問に丁寧に答えてくれなかったりサポート内容が薄かったりすると「きちんと取引してくれないのでは」「何かあっても対応してもらえないのでは」と不安になるでしょう。

特にクレジットカードの現金化が初めてなら、理解しにくい部分があったり手続きがよく分からなかったりする可能性もあります。対応の誠実さを期待でき、サポートが手厚い業者を選ぶことが大切です。

申し込みの際には分からないことを直接確認できるよう、電話対応が可能な時間帯もチェックしておくとスムーズです。

インターネット上の口コミ・評判

公式ホームページの情報だけでは判断が難しい場合は、インターネット上の口コミや評判もチェックしましょう。公式情報には「高換金率」「スピード対応」などと掲載されていても、タイミングや利用者の状況によって対応が変わる業者もあるためです。インターネット上の口コミでは利用した人の評価が見られるため、実態が分かりやすくなります。

ただし、口コミは主観的な感想や誤情報も含まれます。あくまでも判断材料の一つと考えましょう。良い口コミ・悪い口コミのどちらもチェックした上で、最終的には自分で判断することが大切です。

初めてのクレジットカード現金化にもおすすめの優良業者をチェック

初めてクレジットカード現金化を検討している人にもおすすめの優良業者を、4社紹介します。いずれも換金率が高いだけでなく、誠実な対応や手厚いサポート体制を整えている業者です。スムーズで納得のいく現金化を求めているなら、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

1.セーフティサポート

サイトURLhttps://safetysupport.net/
換金率最大98%
入金時間最短5分
営業時間9:00~20:00
年中無休
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 少額でも高い換金率
  • リピーターが多い

セーフティサポートは、換金率の高さや明朗決済が魅力の現金化業者です。伝えられた換金率以外の手数料は発生しないと公式サイトに明記されています。利用する上での不安や本人確認についてなど、現金化に関する相談も可能です。

ジャパンネット銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座がある場合、営業時間内の申し込みなら土日祝日も振り込んでもらえます。

セーフティサポートの詳しい情報や利用方法は、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

2.あんしんクレジット

サイトURLhttps://anshincredit.net/
換金率最大98%
入金時間初回15分
2回目以降最短3分
営業時間9:00~20:00
年中無休
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 専属オペレーターが申し込みをサポート
  • 利用後のカードトラブル0

あんしんクレジットは、申し込みから振り込みまで専属オペレーターが徹底サポートしてくれる老舗業者です。長い実績を持つテクニカルコールセンターが設置されているため、初めての現金化でもスムーズに利用できるよう一から対応しています。

2000年の創業以来利用後のカードトラブルは0と記載されており、徹底した情報管理が期待できる現金化業者です。

あんしんクレジットの詳しい情報や利用方法が知りたい場合は、こちらの記事もチェックしましょう。

3.いますぐクレジット

サイトURLhttps://imasugu-c.net/
換金率最大99.5%
入金時間最短3分
営業時間9:00~21:00
土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 全てのクレジットカードに対応
  • 利用に関する仕組みや質問への丁寧な対応

いますぐクレジットは、2015年に創業した現金化業者です。初めて利用する際にも、現金化のステップや不安を解消できる情報を丁寧に説明してくれるため、信頼して利用できると高い評価を得ています。

1万~10万円までで換金率91%、100万円以上の換金なら99.5%と、高水準の換金率も魅力です。

いますぐクレジットの詳しい情報や利用方法は、こちらの記事もチェックしてみてください。

4.トラストキャッシュ

サイトURLhttps://trust-cash.net/
換金率最大99.5%
入金時間最短3分
営業時間9:00~20:00
年中無休
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 女性スタッフが在籍
  • 高水準の換金率

トラストキャッシュには、女性のスタッフが在籍しています。男性とのやり取りに抵抗があるなど、女性対応を希望する方におすすめの現金化業者です。

ベースとなる換金率が高いのも、トラストキャッシュの魅力です。10万円以下という少額のレンジでも、93%の高い換金率が提示されています。ただ保証値や別途手数料が発生するのかは、明記されていません。実際に入金される金額が知りたいときは、申し込んで見積もりを取りましょう。

トラストキャッシュの詳しい情報や利用方法などはこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

クレジットカード現金化では、法律上の義務や第三者の不正利用防止のため本人確認が必要です。個人情報を教えるのは不安と感じるかもしれませんが、本人確認をしっかり行っている業者はクリーンな営業を意識しており、セキュリティ対策にも期待できると考えられます。

本人確認が不要の業者は、取引の途中で連絡が取れなくなる、現金が振り込まれないなどのトラブルが起きたり、個人情報を悪用されたりするリスクを伴う可能性が高かったりする点に注意が必要です。面倒でも本人確認がある業者を利用しましょう。

本記事で紹介した優良業者は、いずれもしっかり本人確認を実施している優良業者です。即日で現金化したい場合は、ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました