車のローンを組む際に知っておくべき返済期間、金利の平均値とは

コラム

車のローンを組む際には、あらかじめ返済期間や、金利の平均値を知っておくことが大切です。

それにより、購入の失敗や後々ローンに苦しむようなことを防ぐことができます。

この記事ではローンの形態によっての金利の違い、最適な返済期間などについてご紹介いたします。

≪PR≫ 【自社ローン/独自ローン専門】オルカー横浜本店

オルカーキャプチャ

車が欲しい!だけど、なかなか審査に通らない…そのような方は、オルカーにご相談ください!審査通過率97%の“自社ローン”により、お客様の充実したカーライフをサポートします。

  • 自己破産・任意整理など金融事故の経験がある
  • 支払いの遅れが過去にあった
  • オートローン審査に通らない
  • 自営業をしている
  • 勤続年数が数ヶ月

このような方でもご利用いただけます。

住所 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和西1丁目12-1​
電話番号 0120-891-053
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日

審査通過率97%超のオルカーの詳細を見る

LINEで問合せ

instagram(在庫車を確認)

車のローンは何年で組むといい?一般的な返済年数の平均は?

車のローンの年数は、人それぞれの収入や車本体の価格によって異なるため、一概に何年が良いということはありません。

そもそも車の本体価格は、安い中古車なのか、高級外車なのかでも大きく変わります。

購入希望者の収入・今後の予定・ライフスタイルなどと照らし合わせて最適と思われるローン年数を設定することが重要です。

目安としては、5年〜6年程度のローンを組み、車を購入するのが一般的です。

車の状態や維持など、老朽化してきたタイミングで新車に乗り換えることを考慮すると、そのくらいの期間が現実的だと言えるでしょう。

もちろんそれ以上の期間でローンを組むケースも少なくありません。

また、ローン年数を短くすることで、毎月の支払いも当然高額になります。

ローンを早く終わらせたい人は、短い年数で組むと良いですが、車は維持費を含め、あらゆる費用が数多くかかります。

自分の経済状況をしっかりと見つめて、無理なく支払いできる年数でローンを組むのが良いでしょう。

車のローンを組む際の平均金利は?

車の購入の際に利用するローンは、主に各銀行の自動車ローン・ディーラーと提携を結んでいる信販ローン・販売店が独自に提供している自社ローンなどがあります。

それぞれのローンによって、金利の目安は変わりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ローンの種類によって、メリットとデメリットがあるので一概にどれが優れているとは言い切れません。

その時々で行われるお得なキャンペーン情報なども加味しつつ、最適なローンを組めるようにリサーチしておくことが大切です。

銀行ローンの場合の平均金利

銀行ローンの金利は大体1%〜2%台が目安です。

比較的金利を低く抑えられるのが銀行ローンのメリットだと言えます。

ディーラーローンの場合の平均金利

ディーラーローンの場合は、やや金利が高めに設定されています。

おおよそ3%~10%前後が平均とされており、車の所有権をローンが完済するまでの期間は信販会社が持つケースも少なくないので、注意が必要です。

ディーラーローンは比較的審査が早く、手続きをスムーズに行えるのが大きなメリットだと言えるでしょう。

自社ローンの場合の平均金利

自社ローンとは、購入者と販売店の間に信販会社や金融機関を通さず、販売店が独自の審査基準で提供するローンです。

審査が柔軟な傾向にあり、過去に自己破産などの金融事故を起こした経験のある人や、他にローンや借金を抱えている方でも通過できる可能性が高いローンです。

中古車の取扱がメインとなり、通常は金利としては費用はかからず、車の購入金額に上乗せされる形になります。

ただし希望により、別途オプションなどをつけた際にはその分に金利が発生することはあります。

自動車購入費用のローンは月々いくらぐらいまでが適正か

先述の通り、自動車ローンは、経済状況や購入する車などを踏まえつつ、身の丈にあった無理のない範囲でローンを組むことが何より大切です。

車購入時の月々の返済費用の平均

国産の普通自動車の場合、中型サイズの車の価格は150万円~250万円ほどが相場です。

この価格帯の車を購入する場合、ローンの平均返済額は月々15,000円~18,000円くらいに設定しておくのが妥当です。

大型車の場合だと購入価格が300万円~400万円以上になりますので、平均返済額は月々20,000円~30,000円ほどが相場だと言えるでしょう。

また、軽自動車は普通車と比較して価格帯が下がります。

それに伴い、平均返済額は月々15,000円前後が一般的とされています。

自動車税・自動車重量税などの維持費も抑えられるので、車は必要だが、あまりトータルの費用をかけたくない人には軽自動車が最適です。

また、普通車をローン購入する場合、頭金ありの長期ローンを組む人が多い傾向にあります。

一方、軽自動車の場合は、頭金なしで低金利な長期ローンを組む人が多いです。

車に費用をかけたくないとなると総支払い額は増えるが、月々の費用が抑えられる長期ローンを選ぶケースが多い、と言えるでしょう。

総支払額を少なくしたい・ローンを早く終わらせたい人は返済期間を短くしますが、当然その際は月々の返済額が多くなります。

これまでも述べてきましたが、自分にとって最適な返済方法はどのような形なのか、収入や今後の予定などと照らし合わせて事前にしっかりと確認しておきましょう。

年収に対する返済費用の目安

自動車ローンの借入れ上限額は、年収の30%〜40%程度が目安とされています。

例えば、年収300万円であれば、ローンの上限を90万円〜120万円程度に設定すると良いでしょう。

90万円の車を金利3%で5年ローンを組んで購入するとしたら、総支払い額は97万260円となります。

その場合、月々の支払額は16,171円です。

年収300万円であると仮定した場合は、その程度を目安にするのが良いでしょう。

車を購入する際は平均を考えて購入しよう

以上、車をローンで購入する際の目安や平均についてご紹介いたしました。

これから車の購入を検討する人は、購入方法によって異なるローンの平均金利・自分の収入と照らし合わせた車の購入価格の目安・月々の支払い金額の平均額などをしっかりと念頭においておくことをおすすめします。

収入に対して、おおよその購入価格があらかじめ判断できれば、そこから支払年数や月々の支払額を割り出すことができますし、年収と見合った無理のないローンを組むのにも非常に役立ちます。

事前に適正価格を知っておくことで、購入の際の失敗も防げる上、無理して組んだローンに苦しむこともなくなります。

車は生活に欠かせない人も多く、人生においても大切な買い物です。

身の丈にあったローンを組むことを意識して、無理のないカーライフを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました