PR

デビットカードは現金化できる?金策に使える他の選択肢や優良業者と口コミ・評判も紹介

手元に現金がないときの金策には、手軽に現金が手に入る現金化という方法もあります。現金化に使える決済の手段は複数ある中、普段使いにも便利なデビットカードで現金化できるのかを知りたい人もいるでしょう。

本記事では、デビットカードの現金化ができるのかとともに、金策に使える他の選択肢を紹介します。現金化の優良業者も参考にしてください。

デビットカードの特徴や利用メリット

デビットカードとは、買い物をカードで支払ったときに、自身の銀行口座から支払い金額が自動的に引き落とされるカードのことです。基本的に発行に審査はなく、銀行口座があって、一般的には満15歳か16歳以上(中学生を除く)の人なら誰でも利用できます。

デビットカードは、銀行口座から現金を引き出さなくても買い物ができる点が便利です。銀行口座の残高が利用限度額になるため、使いすぎを防げるメリットもあります。

利用可能額が設定でき、学生やカードの使用に慣れていない高齢者でも気軽に利用できるのもデビットカードの魅力です。また、デビットカードは支払いのたびにメール通知されるため、万が一不正利用があったときに気付きやすいという利点があります。

クレジットカード・プリペイドとの違い

デビットカードをクレジットカードと比較すると、発行対象年齢・支払い方法・支払い回数などが異なります。

デビットカードとクレジットカードには主に、下記の表のような違いがあります。

デビットカードクレジットカード
発行対象年齢満15歳または16歳以上が多い原則18歳以上(高校生は不可)
審査原則なしあり
支払い方法口座から即時で引き落とし翌月に後払い
支払い回数一括払いのみ一括払い
分割払いリボ払い など

プリペイドカードは年齢制限が基本的にない、支払い方法が事前のチャージという点を除いて、デビットカードと同じです。

デビットカードもプリペイドカードも、手持ちの金額以上に使える仕組みではないため、支払い能力を測るための審査がありません。クレジットカードは後払いという性質上、支払い能力を見極めるために厳しい審査を設けています。

デビットカードの現金化は基本的にできない

デビットカードは使い勝手が良くメリットも多い決済方法ですが、金策のために現金化できるカードを探している人には不向きです。デビットカードは基本的に現金化に使えないからです。現金化の仕組みから、デビットカードで現金化できない理由を解説します。

「現金化」の意味と仕組み

手元に現金がなくなって困っているときに頼れるのが、後払いの手段を使った現金化です。現金化とは、クレジットカードや後払いアプリなどを利用して換金する方法を指します。

現金化には大きく「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類があります。買取方式はクレジットカードをはじめとした後払いの決済で商品を購入し、その後現金化業者に買い取ってもらうことで現金が振り込まれる仕組みです。もう一方のキャッシュバック方式では、現金化業者が指定する商品を後払いで購入し、特典として現金のキャッシュバックを受けます。

デビットカードが現金化できない理由

現金化はクレジットカードや後払いアプリなどの決済サービスを利用して商品を購入し、買取代金やキャッシュバック代金を手に入れる方法です。

しかし、デビットカードは決済をすると即時に口座から現金が引き落とされるため、そもそも後払いができません。決済と支払いにタイムラグがなく、現金化の仕組みを利用しても損をするだけになってしまいます。

このような理由から、デビットカードの現金化は基本的にできません。デビットカードを利用して現金化できる現金化業者を見つけるのはほぼ不可能でしょう。現金化業者のサイトに申し込んだとしても、カード番号を入力しただけで申し込み不可となるか、オペレーターから他の手段をすすめられることになります。

金策に使えるデビットカードもある?

金策に使えるデビットカードもある?

デビットカードの支払い方法は即時口座引き落としなので、ほぼ全てのデビットカードは現金化に使えません。それでもデビットカードを使って現金化したい人が使えるデビットカードは、一つだけあります。

現金化に唯一使えるのは、イオン銀行のデビットカードです。イオン銀行のデビットカードが現金化に使える理由と、申し込み方法を紹介します。

イオン銀行のデビットカードだけは現金化が可能

イオン銀行のデビットカード「イオン銀行キャッシュ+デビット」は、イオンはもちろん、ネットショッピングや世界中のJCB加盟店でも使えるデビットカードです。イオンでの買い物がお得になったりポイントが付与されたりと、さまざまなメリットがあります。

イオン銀行キャッシュ+デビットの支払いは他のデビットカードと同様、イオン銀行の普通預金口座からの即時引き落としです。イオン銀行キャッシュ+デビットが金策に使えるデビットカードといえる理由は、銀行口座残高が引き落とし金額を満たない場合に利用できる「バックアップサービス」にあります。

バックアップサービスを利用すると、銀行口座残高が足りないとき、口座引き落としに代えて原則10万円を限度に自動で決済を立て替えてもらえます。バックアップサービス翌日以降に口座引き落とし手続きが行われますが、一定期間に口座引き落としができない場合は改めて引き落とし日の案内が届く仕組みです。

このバックアップサービスがあるため、銀行口座に残高がない状態でもイオン銀行キャッシュ+デビットを使って商品を購入し、現金化することが可能になります。

※参考:イオン銀行「イオンデビットカード 商品概要説明書 P.1

イオンデビットカードの申し込み方法

イオン銀行キャッシュ+デビットの申し込みはオンラインで完結します。公式サイトから空いた時間に申し込め、手続きは以下のとおりシンプルです。

1. 「イオン銀行の総合口座(以下カード)はお持ちですか?」の項目が出てくるので、「持っていない」をクリック
2. 必要項目が一つひとつ出てきたら、順番に「はい」「はい」「日本のみ」「いいえ」「いいえ」をクリック
3. 「同意・表明事項」のチェックボックスにも全てチェックを入れ、「同意・表明し、次の画面へ進む」をクリック

ページが遷移したら本人確認を行います。「スマホで本人確認」を選んだ場合、スマホで顔写真と本人確認書類の写真を撮って、審査に通過すれば口座が開設され、カードが送られてくる流れです。

申し込み手続きで入力した氏名・住所・生年月日と本人確認書類の情報が異なる場合は、申し込みできないため注意しましょう。また、バックアップサービス付きのカードなので、新規加入時だけでなく更新時にも審査があります。

現金化にはデビットカードより後払いアプリがおすすめ

現金化できるデビットカードとして紹介したイオン銀行キャッシュ+デビットは、バックアップサービスがあるため申し込みに審査が設けられています。クレジットカードが作れない人だと、審査落ちする可能性があるでしょう。

イオン銀行キャッシュ+デビットの審査に不安がある人には、審査がないか、あっても緩い後払いアプリがおすすめです。後払いアプリを現金化に使用するメリットと、後払いアプリで現金化するときのポイントを紹介します。

後払いアプリを現金化に使うメリット

後払いアプリには、審査のあるものとないものがあります。審査があったとしても、後払いアプリの審査はクレジットカードの与信に比べて緩いので、クレジットカードが作れない人でも審査に通る可能性が高いでしょう。

近年は後払いアプリの普及に伴って、クレジットカードだけでなく後払いアプリにも対応している現金化業者が増えてきました。専門業者に頼んで現金化したい人にとって、審査が緩くて業者の選択肢も多い後払いアプリは向いている方法といえます。

後払いアプリにはチャージ不要で利用金額を後日決済する「非チャージタイプ」と、事前の入金が必要な「チャージタイプ」があります。現金化目的なら非チャージタイプがおすすめです。非チャージタイプなら、手元にお金がないときの普段の買い物にも活用できます。

後払いアプリの現金化は専門業者に依頼を

後払いアプリは現金化に便利ですが、本来は買い物のために提供されているサービスです。そのため、運営会社に現金化が知られると利用停止や強制解約などの措置が執られることもあります。強制解約の場合は利用金額を一括請求されるケースも珍しくなく、後の資金繰りに影響するかもしれません。

このように後払いアプリを使った現金化にもリスクは伴います。特に自分で現金化する方法はプロに任せるよりも発覚のリスクが高いので、現金化のノウハウを持っている業者に依頼するのが望ましいです。

現金化業者の中にはトラブル0の実績を明記している優良業者もおり、依頼先をしっかり選べば運営会社に現金化を知られる可能性は低くなります。

即日で後払いアプリを現金化するポイント

まとまった現金が急に必要になったり給料日前に現金不足で困っていたりと、即日現金化したいと急いでいる人もいるでしょう。ここでは便利な後払いアプリを使って即日現金化するためのポイントを、二つ紹介します。

それぞれのポイントを押さえて、スピーディな現金化を実現しましょう

口コミ・評判も参考に対応が早い業者を選ぶ

即日現金化したいなら、業者選びは対応スピードを重視しましょう。現金化業者のホームページを確認すると、大半は申し込みから最短10分以内に振り込み可能と記載されています。

大半が最短10分ならどの現金化業者を選んでも同じと思うかもしれませんが、実際には対応スピードに多少の差があるようです。利用した人の口コミや業者の評判をチェックするのが確実でしょう。

即日現金化を希望するなら、現金化業者の営業時間や電話対応の受付時間も確認しておく必要があります。Webで24時間申し込みが可能でも、現金の振り込みは営業時間内にしかできません。営業時間を過ぎてから申し込んだ場合、振り込まれるのは翌営業日です。

営業時間が長い業者であればあわてて申し込みをしなくても済むため、必要なときにすぐに振り込んでもらえる可能性が高くなります。

24時間着金できる金融機関の口座を用意する

現金化業者が深夜や早朝にも迅速に対応してくれても、振り込まれる口座の着金反映が9:00〜15:00までなど限られている場合、反映されるのが翌営業日になってしまうこともあります。時間を無駄にしないためにも、24時間着金可能な金融機関の口座を用意しておきましょう。

現在は多くの金融機関口座が24時間365日いつでもリアルタイムに入金される、モアタイムシステムに対応していますが、一部の金融機関は平日の日中にしか対応していません。

ご自身の指定口座がモアタイムシステムに対応しているかどうかを、この機会に確認しましょう。もしモアタイムシステムに対応していなかったら、別の口座にするか新しくネット銀行の口座を用意するのがおすすめです。

後払いアプリの利用可能額・残高を確認しておく

現金化では、申し込みたい金額分の商品を購入します。後払いアプリの利用可能額や残高が申し込む金額以上になっていなければ、すぐに申し込めません。特に利用可能額が申し込みたい金額よりも少ない場合は、現金化の方法を考え直す必要があるため注意してください。

後払いアプリと呼ばれる決済アプリには、利用金額分だけその都度後払いを申し込むタイプと、後払いでチャージしてその残高から支払うタイプがあります。どちらの場合であっても、後払いで支払わなければなりません。

現金化をスムーズに行うためにも、後払いアプリの利用可能額や残高は事前に確認しておきましょう。

後払いアプリの現金化におすすめの優良業者と口コミ・評判

後払いアプリの利便性や即日現金化のポイントを理解した後は、現金化業者の選定を行いましょう。後払いアプリの現金化を行っている現金化業者はいくつもありますが、対応の質やサービス内容には差があります。

業者選びを失敗しないように、後払いアプリの現金化におすすめの優良業者4社を紹介します。

1.ペイチェン

サイトURLhttps://paychan.net/
換金率初回換金率90%
2回目以降87~88%
※入金額は振込手数料の200円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間9:00~22:00(毎月1日は24時間営業)
年末年始を除く土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 換金率と手数料を明示している
  • 営業時間が長い

ペイチェンは24時間申し込めて営業時間も長いため、急に現金が必要になったときにも利用しやすい業者です。基本的には申し込みから入金まで最短10分という素早さで、即日振り込んでもらえます。

初回は個人情報や本人確認などが必要になるため1時間程度かかることもありますが、2回目以降はマイページからの申し込みで時間の短縮が可能です。ただし、繁忙期や月初・月末などは、通常よりも多少時間がかかります。

ペイチェンは換金率が高く、初回換金率が90%、2回目以降で87〜88%です。2回目からの換金率が大きく下がらないため、リピートしやすいのもうれしいメリットでしょう。差し引かれる手数料が200円と少額なのも良心的です。

ペイチェンの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
ペイチェンはクレジットカード・後払いアプリ・キャリア決済全てに対応可能!利用方法も解説

ペイチェンの口コミ・評判

2.即日アリアちゃん

サイトURLhttps://sokujitsu.aria-inc.co.jp/
換金率初回換金率90%
2回目以降87~88%
※入金額は手数料の205円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間7:00~22:00(毎月1日は24時間営業)
土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 古物商番号の記載がある
  • 会社の規模が大きい

即日アリアちゃんは会社の規模が大きく、誠実な運営が魅力です。公式サイトには買取サービスに必要な古物商番号が明記されているのはもちろん、プライバシーポリシーもしっかり記載されています。契約に不満があればキャンセル可能なのも良心的です。

即日アリアちゃんの公式サイトには、最低保証の換金率が記載されています。初回換金率90%、2回目以降も87〜88%と高いのが特長です。最低保証であるため換金率が下がることはなく、公式サイトに用意されている振込額のシミュレーションを使えば、申し込む前にいくら現金化できるか、具体的な金額を把握できます。

初回は個人情報の入力と簡単な本人確認がありますが、1時間程度で完了します。申し込みは原則オンラインなので、スキマ時間にも利用しやすいでしょう。営業時間が長いので即日の振り込みが叶いやすく、急ぎの現金化にも便利です。

即日アリアちゃんの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
換金率の最低保証が話題の即日アリアちゃんの口コミ・評判は?安全性が高い理由やサービスの注目ポイント、利用時のQ&Aを徹底紹介

即日アリアちゃんの口コミ・評判

3.バンクレジット

サイトURLhttps://bancredit.biz
換金率初回換金率90%
2回目以降87~88%
※入金額は振込手数料の200円を差し引いた金額
入金時間最短10分
営業時間9:00~22:00
年末年始を除く土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 換金率と手数料を明示している
  • 営業時間が長い

バンクレジットの公式サイトには、初回と2回目以降の換金率に加え、手数料がしっかり記載されています。ただし換金率が最低保証の値か最大換金率かまでは書いていないため、記載されている換金率は目安とし、申し込みの際にいくらになるのかを必ず確認しましょう。

バンクレジットの営業時間は比較的長く、毎月1日は24時間営業しています。夜遅くまで営業しているため、日中に時間が取れないときや忙しい人におすすめです。クレジットカードや後払いアプリを利用していれば面倒な審査もありません。

申し込みから入金までは、最短10分で完了します。ただし、初回の申し込みでは身分証明書と自分の顔が一緒に収まるように自撮りしたIDセルフィーも必要になるため、多少時間がかかります。

バンクレジットの詳細が知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。
バンクレジットは即日振込に対応!複数決済に対応できる魅力、口コミを紹介!

バンクレジットの口コミ・評判

4.いいね!クレジット

サイトURLhttps://iine.life/
換金率91〜98.4%
入金時間最短5分
営業時間9:00~18:00
土日祝日も営業
Web申し込みは24時間受け付け
おすすめポイント
  • 換金率が高い
  • 入金がスピーディ

いいね!クレジットの魅力は換金率の高さです。少額の申し込みでも最大換金率が91%あり、サービス利用料や振込手数料も無料なのでお得に現金化できます。さらに、新規利用者や他社からの乗り換えで換金率が大幅にアップするサービスもあります。

もちろん審査が不要なので勤務先への連絡はなく、ペーパーレス取引のため明細書が送られてくることもありません。創業以来カードトラブル0と明記しており、現金化によるトラブルリスクは低いと考えられます。カード決済前であればキャンセルもできます。

いいね!クレジットの営業時間は比較的短めですが、入金は最短5分とスピーディです。

いいね!クレジットの口コミ・評判

後払いアプリを現金化するときの注意点

後払いアプリを現金化するときの注意点

後払いアプリの現金化について、特に現金化が初めての人は注意点も知っておきましょう。気を付けるポイントをあらかじめ押さえておけば、実際に直面した際にも焦ることなく対処できるはずです。

後払いアプリによってはチャージに時間がかかる

後払いアプリには多くの種類があり、中には後払い決済サービスの利用に審査が設けられているものもあります。このような後払いアプリは審査に通らないと利用できず、後払いチャージが使えるようになるまでに翌日から数日かかるものが多いようです。

例えば、ultra pay カードの後払いチャージが利用できるのは、最短で申請の翌日からとなります。「チャージができませんでした」とメッセージが表示された場合は、審査に落ちているので後払い決済を使えません。

金策を急いでいて即日現金化したい人は、すぐに決済できる後払いアプリを選びましょう。例えば、ペイディならアプリでメールアドレスと電話番号を入力し、本人確認をするだけですぐに後払い決済を使えます。

チャージ手数料が割高になる場合がある

後払いアプリは利用手数料やチャージ手数料がかかります。各手数料の金額は後払いアプリによって異なるため、どのアプリを使うか検討する際には手数料をチェックしましょう。

後払いアプリで現金化する場合は手数料の金額が引かれて入金されるため、手数料が高いと手元に入る現金が少なくなってしまいます。現金化するなら手数料の安い後払いアプリを使うのが得策です。

また手数料が一定の後払いアプリもあれば、ペイディのように後払いの回数や支払う金額によって手数料が変わるアプリもあります。手数料が割高になってしまわないか、事前に確認しておきましょう。

まとめ

即時引き落としが特徴のデビットカードでは、基本的に現金化ができません。しかし、「イオン銀行キャッシュ+デビット」だけはバックアップサービスを利用すれば現金化に使えます。ただし、バックアップサービス付きのため審査があり、即日現金化したい人は別の方法を検討する必要があります。

できるだけ早く現金化したい人には、審査が緩く即日振り込みも可能な後払いアプリを使った現金化が適しています。後払いアプリを比較検討して、自分に合ったアプリを選びましょう。

後払いアプリの現金化は、現金化のノウハウを持つ業者に頼んだ方がリスクを抑えやすくなります。どの業者が良いか迷ったら、今回ピックアップした優良業者の中から選んでみてください。Web申し込みなら各業者の公式サイトから手軽に申請できるので、出勤時や仕事終わりなどすきま時間にチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました